*「かっさ」って、どんなもの?*

「かっさ」とは、2500年前から中国で行われてきた民間療法である「刮痧(かっさ)療法」が原点。
「刮(かつ)」は削るという意味で、「痧(さ)」は動けなくなって滞っている血液のことをさします。

専用の板を使って皮膚の経絡や反射区を擦って刺激することで、毛細血管に圧を加えて血液の毒を肌表面に押し出し、経絡の流れを良くするというもの。
いわば、東洋医学的なデトックスであるといえます。
実際に、かっさプレートという道具を用いて、皮膚をこすって刺激すると、赤い斑点のようなものが現れます。
これは、調子の悪い部位の経絡上に血液の毒(汚れ)が浮き出てきたと考えられている、身体の不調を表す印です。

身体のメンテナンスをするときに、このような血液の毒を皮膚上に押し上げて、経絡の流れをスムーズに整えます。

経絡のつまりを取ってリフトアップしたり、むくみを取って小顔になったり、脚痩せしたりなどと、美容法としてのかっさ・フェイシャルエステの一環としてのかっさが日本でも知られるようになり、美容かっさを提供しているエステサロンなど各種サロンも増えてきています。

 
*かっさの効果*
かっさは「気」と「血」の通り道である経絡にあるつまり(気結)をとり、 経絡を通すことにより不調を和らげることを目的としています。

漢方医学には「気・血・水」という概念があり、 「気・血・水」とは生命活動の基本となるものです。
漢方でいう体のバランスを整え、本来の体質を取り戻すとは、
こちらの「気血水」の乱れを治す(バランスを整える)ということになります。

  • 「気」とは気力という言葉にもあるように人のエネルギーを指します。
  • 「血」とは血液の流れであり、細胞に大事な酸素や栄養分を送ります。
  • 「水」は体内の「水分」を表し、体内の新陳代謝を行います。

気・血・水のめぐりが滞っていると、老廃物や脂肪・余分な水分など、さまざまなものを身体に溜め込んでしまいます。
溜め込んでしまった身体は、特に女性には大敵な冷えやむくみ、便秘などに悩まされるだけではなく、
お肌のトラブルの原因になります。

かっさプレートで全身の経絡や反射区を刺激することでめぐりを促し、溜め込まない身体へ導きましょう。

 

※かっさでお顔の老廃物を排出し、コリをとってスキッリ小顔になれる「小顔コース」がおすすめ!

小顔コースの
8e9f8008dabf41701a46c123c22ea5e2[1]