ホルモンとニキビの関係


4db9f01574cc6dbb4ed092bbc66ed747

 

男性は思春期になるとテストステロンという男性ホルモンがたくさん分泌され、

皮脂分泌量が非常に多くなることで、皮脂型のニキビが多発します。

思春期には8割以上の男性がニキビで悩まされることになるのですが、

女性でも思春期には2割程度の方がひどいニキビで悩まされると言われています。

これも男性ホルモンが関与しています。






 女性の場合は副腎皮質から分泌されるアンドロゲン(ステロイドホルモンの一種)

が関与しているといわれています。

男性の場合は男性ホルモンが盛んに分泌される思春期を過ぎると、

大半の人がニキビは少なくなってきますが、

脂性肌の傾向があるニキビのできやすい女性の場合は40歳くらいまで、

そのホルモンの影響が続くといわれています。







 ステロイドホルモンとニキビの関係は深く、

その証拠に、ステロイド剤の長期間の内服や外用で

「ステロイド・アクネ」といわれるニキビが生じます。




また、子宮筋腫、子宮内膜症などの治療に使われる

女性ホルモンを抑える女性ホルモン抑制剤でも、女性ホルモンが抑制され、

アンドロゲンの働きが表に出てくるので、薬によってニキビができてしまうこともあります














 また、ストレスがニキビの原因になることは、よくご存知だと思いますが、

このストレスによるニキビにも、実はステロイドホルモンが関与しているのです。

ストレスから身体を守るために、副腎皮質でステロイドホルモンを分泌するため、

その影響でニキビができるのです。

ニキビとホルモンには切っても切り離せない関係があります。

 

 

<<美肌を再生するならこちら>>