肌のハリ・肌のたるみが気になる方


0007334

肌のハリの低下・肌のたるみが気になる方へ

 

美容鍼灸で改善出来ますよ

 

<豆知識①>赤ちゃんの肌にはエラスチンが少ない


体内のエラスチン量は年齢とともに減少しますが

 

生まれた時に最も多く存在している訳ではありません

 


赤ちゃんの肌はヒアルロン酸の保水力によって非常にみずみずしく保たれています

 

肌のヒアルロン酸の量は0歳の時が最も多く、年齢とともに減少し、20歳になると生まれた時の約半分になっているといわれています

 


エラスチンはヒアルロン酸とは違い、0歳の赤ちゃんの時にはそれほど多くありません

 

 

組織をしっかりと支える役割を持つエラスチンの量が少なく、赤ちゃんの肌は非常に柔らかいと考えられています

 

 

その後、成長とともにエラスチンの量は増えていき、20歳代後半頃にピークを迎えます

 

そのため20歳代後半の肌は最もハリと弾力があるといわれていま

 


肌のハリや弾力を保つには、ヒアルロン酸やコラーゲンに加え、それらを支えるエラスチンの存在が非常に重要な役割を果たしているのです

 

<<お肌のハリを取り戻したい方はこちら>>