事故後のむち打ちは○○が悪くなります


a0002_007519

交通事故後のむち打ち症状 

 

交通事故に遭った際、病院での診断は必ず必須ですのでレントゲンは必ず撮って頂いて下さい。

 

そこでよく聞く声がレントゲンでは異常がなかったが痛む、、、

 

という声です。

 

●レントゲンでは異常がなかったのに!むち打ち症のあらゆる症状

 


 レントゲンで異常が見当たらなくても、体調がなかなか改善しないという場合にはむち打ち症の可能性が考えられます

 

以下がむち打ちの定義です。

 むち打ち症とは、交通事故のダメージで筋肉や靭帯、神経組織を圧迫したり痛めたりすることによって現れる様々な症状のことです。 特に交通事故で多いのが頸椎という部分を痛めることで起こる、むち打ち症です。 重い頭を支えている首の骨が、頸椎といわれる部分です。 ここには筋肉を始め、神経根と呼ばれる神経、椎間板や骨など様々な組織が集まっています。 筋肉や神経組織、または靭帯に受けたダメージはレントゲンでは確認できません。

 

要するに骨には異常ないが筋肉やいわゆる〝スジ〟を痛めてます。

 

という事です

 

よく『雨の前になると痛みが出る』と言われる方が多いです

 

これは治療をしっかり治療をすると改善します

 

早めに対処できるとよりいいです。

 

痛みのある方は当院のむち打ち改善プログラムをお勧めします

 

大和高田市一番の交通事故サポート8e9f8008dabf41701a46c123c22ea5e2