鍼灸治療で冷えを改善


20150316_129

 

鍼灸治療で冷え性も改善

 

ストレスと鍼灸治療の関係

 

どうもツボ仙人です。



東洋医学的に身体の冷えを感じる時は内臓も冷えていると考えます。



身体が冷えている=内臓が冷えているということです。



冷えているということは血液の巡りが悪くなるということだけでなく身体と内臓を元気にするエネルギーの巡りが悪くなります。

 

特にこの時期は気候の変化で食べ物や飲み物などが冷たくなったり、空調の温度を下げるために冷たい風が部屋中にいきわたり内臓が冷えやすくなります。

 

内臓が冷える事でストレスを受けやすくなり、食欲が落ちたりやる気だ出なかったりします。

 

それを一般的に夏バテと言います。

 

夏バテする前に鍼灸治療が大事です。

 

鍼灸治療は、ツボを使い内臓を温める治療や血液の質を上げる治療を得意とします。

 

他にも夏なのに冷え性の方も多いですよね。

 

これも内臓の冷えが関係しています。

 

放っておくと生理痛、生理不順や不妊の原因にもなります。

 

しっかり温めるには鍼灸治療で正しいツボで治療しましょう。

 

 

鍼灸治療はこちらから8e9f8008dabf41701a46c123c22ea5e2