寝苦しい夜の対策


17f6d_889_444eebdb28c6a68a54ecc2c9c19b6747

 

 

大和高田の骨盤矯正・交通事故治療の匠 まつい鍼灸整骨院

 

20150316_009

 

熱帯夜でもぐっすり眠りたい!



こう暑さがきつくなってくると、【疲れがとれないなぁ~】
と感じている方、多くないですか?


夏場は室内外の気温差や食欲減退などで、ただでさえ体力を奪われてしまいます。

 



睡眠は暑さによって失った体力を回復するために最も大切です。

 


でも、こんなに暑いとなかなか寝付けないですよね・・・

 


今日は寝苦しい夜、快適に眠るためのポイントをお伝えします!

 



☆寝室の冷房について☆

 



ポイントは寝室を快適な温度:28度程度にすること

 


暑い熱帯夜にはとてもクーラーなしでは寝れませんが睡眠中は体温が下がってしまうので、

 

 


クーラーをつけっぱなしでは、 身体を冷やしてしまいます。

 

 


ですので、寝る前に部屋を冷やしておき、

 

 


眠るときにはクーラーを切るとかタイマーオフにしておくのがいいでしょう。

 

 


設定温度は28度ぐらいが最適です。

 



絶対にやってはいけないのは、からだに直接風を当てること。

 


直接クーラーの風が体に当たると表面の熱が奪われ続けることになり、

 

 


からだは体温を保つために、寝てる間中フル回転をさせられることになります。

 


これでは寝たことの意味がなくなり、かえって体を疲れさせてしまいます。

 

 


クーラーの風向きは上向きにしましょう。

 

続きは明日