寝苦しい夜の対策


th

 

 

 

 

 

 

 

大和高田の骨盤矯正と交通事故治療の匠 まつい鍼灸整骨院

20150316_009

先日に引き続き熱帯夜対策です

 

☆ぐっすり寝るための工夫☆


クーラーだけに頼るのではなく、他の手段も使ってなるべく涼しく寝れば、
真夏日の夜でも体を冷やさずに、ぐっすり寝ることができます。


〇除湿をしましょう
湿度が下がれば同じ温度でも涼しくなります。
除湿をすると室温を下げてしまう冷房の場合は、布団や長袖長ズポンで寝るなどの工夫をしましょう。

 


〇寝る前に入浴をしましょう。
普段なかなか運動ができない人の場合、寝れないことがあります。人間の体は、一度暖まると眠くなります。ですので、 寝る前に入浴をすると寝やすくなります。入浴すると汗が出て気持ち悪くなるという人は、 半身浴で汗をたくさんかいてしまう前に出るのがいいでしょう。

 


〇軽い運動をしましょう
入浴と同じで人間の体は温まると眠くなる構造になっています。
運動をして体を温めると寝やすくなります。
また、 運動により汗で筋肉の中の乳酸などの疲労物質も排出できて血流もよくなり、
胃腸も働くようになります。
エアコンの効いた部屋での運動は、 かいた汗がどんどん蒸発するので快適です。

 




それでも寝苦しい方は一度、当院の姿勢改善整体を受けてみて下さい!

 


快適な睡眠は姿勢の良さも関係します!

 



寝苦しい熱帯夜に負けない体づくりしましょう

 

当院の姿勢改善整体はこちら

 

8e9f8008dabf41701a46c123c22ea5e2