女性ホルモンバランス


sisei

大和高田の骨盤矯正・交通事故治療の匠 まつい鍼灸整骨院

 

20150316_009

 

子宮や卵巣の病気と女性ホルモン

 



ホルモンはごく微量の物質なので、

 

 

ちょっと量がいつもより多かったり少なかったりするだけで、

 

 

カラダのさまざまな器官や組織に問題が出て、体調を崩してしまいます。

 

 

やっかいなことに、女性ホルモンの一つ、

 

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)自体が多すぎれば、

 

 

乳がんや子宮体がんになったり、子宮筋腫や子宮内膜症が悪化したりします。 

 

 

このように月経不順や子宮内膜症、子宮筋腫、更年期の症状などは

 

 

女性ホルモンのアンバランスで起きる代表的な病気や症状です。

 

 

また女性ホルモンの乱れから排卵が起きなくなるなど、不妊につながることもあります。

 

鍼灸治療では、各周期(症状、体調)に合わせて、

 

配穴(ツボ)を変えながら治療していきます。

 

その方に合った刺激量でさせて頂くます。

 

8e9f8008dabf41701a46c123c22ea5e2