むち打ちについて


20150316_114

大和高田の交通事故・骨盤矯正の匠 まつい鍼灸整骨院

 

「むち打ち」とは?



交通事故で首を痛めるとこれらの名称を耳にすると思います。



診断書には 「 外傷性頸部症候群 」 や 「 頸椎捻挫 」 と記載されるので、この名前が記載されていたら、むち打ちと診断されたということです。

 




どうして“むち打ち”になるの?

 



名前の通り、グニャっと鞭を打つ様に首がしなってしまいます。




この時、頚椎が捻れ、負傷してしまいます。



これが むち打ち になる原因です。メカニズムがわかると、「 鞭打ち症 」 「 頸椎捻挫 」 などの名称の意味も理解しやすくなると思います。




では、むち打ちになるとどのような症状に悩まされると思いますか?

次は、この点について見ていきましょう。


むち打ちの症状は?

交通事故などで首を痛めても、当日は症状がほとんど見られないようで、翌日以降に症状が出てきてします。

こう言った症状が良くでてきます。


* 首筋、背中、肩などの凝りや痛み


* 頭痛


* 耳鳴り


* めまい


* 吐き気


* 手足の痺れや震え


* 食欲不振


* 脱力感


これらの症状があらわれると むち打ち と診断されることがありますが、病院では異常なしと診断されることが多くあります。

 



これは むち打ち であるということが客観的に判断できないことが理由です。

 



レントゲンでは異常なしと言われる事は多いです。

 



沢山の交通事故の相談を受けている当院に是非ご相談下さい(^^)