花粉症の肌トラブル


20150316_115

大和高田の美容鍼灸・小顔矯正で人気 まつい鍼灸整骨院

 

 

花粉症で肌トラブル…花粉の時期に肌荒れを起こさない対策




花粉症の時期のお悩み、肌荒れが起こる原因とは?



花粉症の時期に発生する肌の悩み原因は主に二つあります。



肌荒れを引き起こす原因によって肌荒れ対策も変わってきますのでまずは何が原因で肌荒れが起こっているのかを見極める必要がありますね。



花粉症時期の肌荒れ原因1.花粉症皮膚炎



普段は目立った肌トラブルやアレルギー症状が出るわけではないのに、花粉症の時期にだけアレルギー症状や肌荒れを引き起こす方を花粉症皮膚炎と呼びます。



この時期だけ肌が過敏になってしまって、



かさつき


かゆみ


炎症


湿疹


赤み


などの症状が出ます。


花粉症になったからといって誰もが肌が過敏になるような症状が出てくるわけではありません。



花粉症時期の肌荒れ原因2.普段のケアが原因



花粉症はかゆみや鼻水が起こるのが特徴的な症状です。



鼻をかむ


かゆい部分をかいてしまう


マスクをつける


皮膚をかきむしったり、鼻を何回もティッシュでかんでいると、摩擦によって皮膚が肌荒れを起こしてしまうのです。



そして、皮膚が本来持っているバリア機能も弱ってきて肌が過敏な状態になります。


花粉症皮膚炎はとにかく花粉に接しないことが重要!


スク使用のトラブル対策
花粉症時に使用するマスクですが、頻繁に取り換えるようにしましょう。

鼻のかみかたのトラブル対策
ティッシュを使って軽く押さえるようにして使うのがポイント。

肌のかゆみのトラブル対策
かゆいからといって、肌をかくとさらにかゆみを併発する物質を分泌してしまうので逆効果です。

かゆみが酷いときはかゆい部分を冷やす等してかかないようにする



花粉に負けない肌を作るために!花粉症時のスキンケアのコツ

花粉症の時期は肌がとても過敏になりやすい時期です。

 


肌への負担を極力減らすように、スキンケア製品も肌に優しいタイプに切り替えたほうがいいでしょう。

とにかく負担を軽減する、洗いすぎに注意!

メイクを落とす時に使用するクレンジングですが、この時期は汚れ落ちの良さよりも、肌への優しさを重視した製品に切り替えることをおすすめします。洗顔料も同様です。


洗顔後はとにかく保湿、保湿重視のケアを!

肌を強くするのに最も大切にしたいのが保湿ケアです。優しく肌の汚れを落とした後は化粧水でしっかりと水分をお肌に補給してあげてください。



花粉症になると肌のバリア機能が弱まりやすく、それが肌トラブルを起こす、悪化させる原因となるのです。

 

 

 

使用する化粧水ですが、肌に刺激の少ない敏感肌用の物を使うのがおすすめです。



補充した潤いが逃げないようにしましょう。




肌が荒れるからメイクはしないはNG!肌を守るためにもメイクを!



花粉症の時期は肌が荒れるから、鼻をかんだり、目や鼻がかゆくてついかいてしまうのでメイクをしないと言う方も多いのではないでしょうか?



しかし花粉の時期だからこそ、外部の刺激をお肌はとても受けやすくなっています。それが肌荒れを起こす、また悪化させる原因となるので外出時は特にメイクでお肌を保護してあげましょう。
花粉症の時のメイクのポイントをまとめてみました。



肌に優しい製品を
防腐剤や合成着色料といった肌に刺激を与える成分が含まれていないメイク用品を選びましょう。


アイメイクはいつもより控えめもしくはしないようにしましょう。

アトピー対策で花粉症の症状と肌荒れを緩和

実はアトピー性皮膚炎と花粉症は密接な関係があります。それはどちらもアレルギーが原因で症状が出てくるからです。アトピーを持っている方は、花粉症の時期にもアレルギー症状が強く出るケースが多く見られます。



きちんとケアすればもう花粉症の季節の肌荒れも怖くありません。花粉症前からケアや対策を取り入れておくと、より肌荒れも起こりにくくなりますよ