眼精疲労について


20141009210719

大和高田の骨盤矯正・交通事故施術の匠 まつい鍼灸整骨院

 

 眼精疲労について

 

眼精疲労は、蓄積された目の疲れです。

また、肉体的な疲れも、知らずしらずのうちにストレスになっていることがあります。

長時間パソコン作業をする場合は、1時間に1回は、目を閉じて目を休ませたり、目の周りや目の疲れを取るツボを、気持ちよい位の強さで押したり、マッサージすると良いです。

また、モニターの位置・画面の明るさなどは、自分に合った仕様に調節して下さい。

目の疲れを翌日に持ち越さない為にも、ホットパックやアイスパックなどを利用して、目をあたためたり、冷やしたりすると疲れが緩和されます。



眼精疲労の症状では、眼筋をほぐして、柔軟性を取り戻すこと。

血液の循環を良くすることが大切です。

また、眼精疲労は、目の疲れがきっかけとなって、様々な辛い症状が身体にまであらわれます。

目の働きは、神経によって調節されている為、脳の疲れ、脳の興奮による神経の緊張やストレス、首・肩など筋肉のコリ・身体全体の疲れを改善することで、よい治療効果が得られると感じています。