足がつってしまう本当の理由


e35d9f8db9cb9e1390cc7631924c0003-e1399261148929

 

大和高田の骨盤矯正・交通事故治療、美容の匠 まつい鍼灸整骨院

 

 おはようございます(*^^*)

 

最近、よく患者様とのお話の中で

「よく足がつるんです」と言われる事があります。

 

なので今日は、なぜつるのか、どうすれば予防できるのかを書いていきます!

 

一般的に考えられてる原因は

・疲労

・冷え

・水分不足

・ミネラルバランス(不足)

と言われています。

もちろんその他にも内臓由来や血液循環、血管の関係もあると思いますが、

 

一番の理由はゴルジ腱器官(腱紡錘)という所がさぼってしまうからです。

 

ゴルジ腱器官とは、ざっくり言うと筋肉内にあるセンサーの役割をする器官で、

筋肉が伸びたり、縮んだりする時に筋肉を傷めないようにブレーキをかけてくれたりするところです。

 

このゴルジ腱器官はよくさぼってしまいます。

さぼらないように普段から刺激を入れておく必要があります。

刺激を入れる方法とはしっかり使ってあげる事です。

使うという事はしっかり足首を動かして歩く事です。

そうする事でしっかりふくらはぎが使い、

ゴルジ腱器官が刺激され本来の働きをしてくれます!!

 

よく歩いてるのにつる方は、、、

これは骨盤が歪んでるのが原因かもしれません!

骨盤が歪んでるいると左右で足の長さが違ってきたり、

左右で使う筋肉が違ってきたりするので、どちらかに負担が偏りやすくなったりします。

この場合は、骨盤を正しい位置に戻してあげ、負担の偏りをなくしてあげることが

必要になってきます!!

 

只今、LINEにて自宅で出来る骨盤体操を無料配信中です!

 

友だち追加

 

ホームページでも体に関する情報を載せていますので

覗いてみて下さいね♪

ホームページはこちら