改善しない冷え性でお困りの方へ


1311177top

 

大和高田の骨盤矯正・交通事故治療、美容の匠 まつい鍼灸整骨院

 

おはようございます(^∇^)

今日は冷え性について書いていきますね!

冷え性にも色々なタイプがあるのですが、“内蔵型冷え性”と言われるタイプが

意外と多いと言われています!!

 

内臓型冷え性とは…

冷え性は、手足や身体が冷たくなるものが多いですが、

手足は温かいのに内臓が冷えている」という状態が内臓型冷え性です!

手で触れて確認ができないため、自分でもなかなか気づけない”隠れ冷え性”ともいわれています!

 

内臓の理想的な温度は37.2℃~38℃といわれていますが、

この温度を保つためには、体温が36.5℃程度は必要です!

平熱が35℃くらいの人は気づいておられないだけで、もしかしたら内蔵型冷え性かもしれません!

内臓温度が低下すると血液の流れが悪くなるだけでなく、免疫力や代謝も低下してしまいます(:_;)

 

例えば、内臓温度が1℃低くなるだけで、人間の基礎代謝は約12~15%

低下してしまうと言われています!

代謝が悪くなると、体内に老廃物が溜まっていく一方なので、

少しでも内臓の温度を上げて代謝を上げないといけません!

ただ、やっかいなことに「内臓が冷えている」状態には自分ではなかなか気づけません。

そのため、知らないうちに内臓型冷え性が悪化してしまうというケースも少なくないのです!!

 

内臓型冷え性の症状と原因

内臓が冷えていることを、なかなか自覚できない内臓型冷え性ですが、

複数項目当てはまったら、内臓型冷え性の疑いがあると考えられます。

・顔色がいつも悪い

・下腹部がワキよりも冷たい

・肩こりがひどく、手足がむくみやすい

・寝つきが悪く、朝起きるのがつらい

・肌荒れ、シミ、そばかす、くすみなど、肌トラブルが多い

・胃腸が弱い

当てはまる項目はありましたか?

 

内臓型冷え性の原因

原因1 筋肉量の不足

全身の血流が悪いと、内臓への血液の流れが滞ってしまいます!

また、女性は男性よりも筋肉量が少ないため、血液を全身へ送るポンプの役目が弱いのも原因の1つです!

そのため、内臓型冷え性は女性に多いのです!!

 

原因2  運動不足・低血圧

一般的な内臓の温度は37.38℃程度。運動不足や低血圧が原因で、

その温度が下がってしまうことがあります。また、内臓の温度が低くなると、

消化・吸収の働きが鈍ってしまうため、脂肪燃焼にも悪影響を及ぼします。

内臓の動きが鈍り、代謝が悪くなり、摂取したカロリーが生活のエネルギーへと転換されることがない…

という負のループに陥ってしまいます(:_;)

 

内臓型冷え性の改善方法

内臓(下腹部)を温めるという方法もありますが、それ以上に体質改善が必要です!

定期的な運動をして筋肉をつける、平熱を上げる努力をするなどして、基礎代謝を上げて、

滞ってしまった体のめぐりを元の正常な状態に戻してあげることが先決です!!

 

体質改善のために、今とても重要視されているのが骨盤です!!

骨盤が安定していると、しっかりと筋肉を使えるようになるので、自然と代謝も上がりますし、

内臓も正しい位置にきてくれます(^ ^)

 

正常な状態に戻すには骨盤を矯正し安定させてあげることが重要になってきます!!

 

只今、LINEにて自宅で出来る骨盤体操を無料配信中です! 

 

 

友だち追加

 

ホームページでも体に関する情報を載せていますので

覗いてみて下さいね♪

ホームページはこちら