実は美容にもいい七草粥


春の七草

 

大和高田の骨盤矯正・交通事故治療の匠 まつい鍼灸整骨院

詳しくはこちらへ(^^)/



1月7日といえば七草粥ですね(^^)

春の七草にどんな効能があるのでしょうか?

blogを書くまでは全く知りませんでした(-_-;)

現代では使わなくなった呼び名もありこれって何?と思いましたが覚えるためにそのまま載せさせて頂きます(^^)

それぞれの持つ意味と、主な効果をご紹介致します。

芹(せり)=「競り勝つ」
解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、
食欲増進、血圧降下作用など、様々な効果があります。


薺(なずな)=「撫でて汚れを除く」
別名をぺんぺん草といいます。
利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。


御形(ごぎょう)=「仏体」
母子草(ハハコグサ)のことです。
痰や咳に効果があります。
のどの痛みもやわらげてくれます


繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
はこべとも呼ばれます。
昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。
歯槽膿漏にも効果があります。


仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座
一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。
胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります


菘(すずな)=「神を呼ぶ鈴」
蕪(かぶ)のことです。
胃腸を整え、消化を促進します。
しもやけやそばかすにも効果があります。


蘿蔔(すずしろ)=「汚れのない清白」
大根のことです。
風邪予防や美肌効果に優れています

このように、七草には体にいい効果がたくさん含まれています。

特にお肌や風邪予防にいいですね(^^)

寒さが厳しくなる時期に是非食べてみて下さい❗❗

1月7日だけでなく食べ過ぎや飲みすぎた後に食べて胃腸を休めてあげてくださいね!


当院では痩身メニューが出来ました!
是非体験してみて下さい(^^)

詳しくはこちらへ(^^)/

 

今、LINEにて自宅で出来る骨盤体操を無料配信中です! 

 

友だち追加

 

ホームページでも体に関する情報を載せていますので

覗いてみて下さいね♪

ホームページはこちら