出産後はがに股になりやすい??


165464

 

大和高田の骨盤矯正・交通事故治療、美容の匠まつい鍼灸整骨院

 

 

おはようございます(^.^)

今日は産後のがに股について書いていきます!

 

先日患者さんから、

「出産してからがに股になったような気がします」

という声を聞きました!

 

出産後とがに股は関係があるの?

結論から言うと

出産後に骨盤が歪んだ状態で

放っておくとがに股になりやすいです!

 

これは出産時にリラキシンと呼ばれる関節や靭帯を弛緩させる

ホルモンが分泌されることが原因で、

内股の筋肉が弱り足が外側に開いてしまうためです(;ω;)

 

歩いていても膝の間が開いたままになるなど

かなり不格好になってしまいます(:_;)

 

自然に治るの?

自然に治る可能性はとても低いです!

ではどうすればいいのか?

それは、歪んでしまったいる骨盤を

矯正し、本来の場所に戻してあげることと、

弱ってしまった内転筋を鍛えることです!!

 

骨盤が開いたまま放っておくと、空いた部分に内臓が

入ってぽっこりお腹になってしまうこともあります(´・_・`)

 

そうならないために自宅でも簡単に

できる骨盤体操をLINEで配信しているので

まずご登録して頂き是非やってみてください( ^ω^ )

 

 

只今、LINEにて自宅で出来る骨盤体操を無料配信中です! 

 

 

友だち追加

 

ホームページでも体に関する情報を載せていますので

覗いてみて下さいね♪

ホームページはこちら