産後の腱鞘炎について


20150316_009

 

お子さんを出産されたママさんで腱鞘炎になる方は多いです



産後に腱鞘炎なるメカニズム

o06200300thum_1034

 

出産時に骨盤だけを緩めることができないためにすべての関節が緩んでしまいます

 


出産したの後のお身体の負担は大きく疲労がすごく溜まってます。

 


骨盤が締まるのに2ヶ月かかると言われます。

 


その間も赤ちゃんを抱っこしたり育児は毎日するために

疲労が溜まり手首の腱鞘炎になってしまいます

 


腱鞘炎になると治るのに時間がかかります

 


一番簡単な応急処置はサポーターをはめて負担を軽減することです



しっかり治したい方は鍼灸治療も効果的です

 

鍼灸治療は<<こちらをクリック>>

 


東洋医学的な考えでは産後の腱鞘炎は血液不足からおきるものだと言われます

 


筋肉に栄養を運ぶのが血液です

 

 

出産、授乳などで大量の血液が奪われるので筋肉に栄養がいかなくなり

 


疲労が回復せず腱鞘炎になるというメカニズタムです

 


血液を作り出すだすツボが東洋医学にあります

 


そこを刺激しながら、腱鞘炎の腱になる筋肉をも刺激してあげること血液が流れ栄養を運び疲労が回復し、慢性化を防げます。

 


体質が腱鞘炎になるという考え方ですので、しっかり体質を変えるように治療していきましょう!!



お困りな方はまずは相談下さい。



 産後の骨盤矯正も人気です

 

人気の骨盤矯正は

 

<<こちらをクリック>>